9月に入り少し涼しくなってきましたね!新しい月の始まり!新たな気持ちで今月も頑張りましょう(^^)/

本日は、室内設置専用給湯器(FF式)の交換の状況をご紹介させて頂きます!

FF式とは「強制給排気」式のことで、機器に内蔵された
ファンで燃焼のための空気(酸素)も外気から取り込み、排気ガスも外へ吐き出す方式です。
そのため、煙突の直径が太く(10cm~12cm)、1本の場合は内部が給気と排気が
分かれて二重構造になっています。それぞれ別々に2本取付けるタイプもあります。

屋内設置の場合、給湯器の排気ガスを直接外へ排出するために煙突が必ず付きます。

外観の見た目を重視するデザイナーズマンションや何らかの理由で外に
給湯器が取り付けられないなどの際に室内に給湯器が取り付けてあることがあります。
今回は管理会社様からのご依頼でご入居中の賃貸のデザイナーズマンションでの取り換え工事をしました。

既存は、こちらのノーリツの給湯器です。

既存給湯器

2部屋同時の交換だったため、もう一つのお部屋の写真になりますが、
こちらと同じ機種からの交換です。

外した後はこのような感じです

取り外し後

壁から給水・給湯・ガス管が出ております。

配管の様子

天井には煙突の穴があります

煙突
給湯器を取り付け狭い場所の設置の為2人作業で対応

二人作業設置

しっかり煙突部分をはめ込んで設置します。

設置

ガス漏れもしっかりチェックして!

ガス漏れチェック
配管が見えてる部分にはカバーを付けます

はい!完成!

施工後 工事後横

写真・・・配管カバー部分が切れちゃってましたね・・・”(-“”-)”
すいません(T_T)

お水しか出なかった状態でしたので、これでお風呂タイムも快適ですね(^_-)-☆

給湯器でお困りの方はご相談ください(^^)/

★名古屋 ガス器具のダイワエンジニアリング★

愛知県名古屋市名東区山の手3丁目301-5
TEL 052-779-6207
FAX 052-779-6207